ヴィーナスカーブは就寝時に履いてもいいのでしょうか。

加圧式骨盤ガードルということで、締め付け感などが強いと寝る時に履くのはちょっと辛いかも?と心配ですよね。

また、ぐっすり寝てしまうと血行不良になってしまったりするのかも?と不安になる人もいるかもしれません。

ですが、ヴィーナスカーブの基本の履き方は、就寝時に履くという履き方です。

寝る前に履いて、ぐっすり眠ることで、寝ている間に骨盤のゆがみを整えていくことができるとのこと。

即効性はないので、毎日履くことが必要ですが、寝る時に履くだけでいいので簡単ですよね。

ですが、普段からあまり締め付け感のある下着を履いていないというような人や、加圧インナーを初めて履くという人だと、締め付けが気になってぐっすり眠れないというようなこともあるかもしれません。

その様な場合は無理をせず、日中履いて徐々に慣れていくようにしてください。

サイズが合っていれば徐々に慣れてくると思うので、そうなったら就寝時に履くという履き方にすると良いと思います。

実際に履いている人たちの口コミをチェックしてみると、就寝時は締め付けが気になるので履かないけれど、日中だけ履いているという人もいます。

また、ヴィーナスカーブの理想の履き方は、就寝時だけでなく日中も履くという履き方。

履くだけで、ウエストのくびれやヒップアップ、下腹の引き締め、太もも脚痩せなども期待できるので、補正下着のように履いている人も多いようです。

また、履くと代謝が上がるので運動時に履くのもおすすめ。

ウォーキングやジョギング、ヨガやジムなどの運動、家で簡単にできるストレッチや筋トレなどをする時にも履いてみてください。

このようにヴィーナスカーブは就寝時だけでなく、日中も履くことでより効果的な履き方になるようです。

長時間履きっぱなしになると良くありませんので、適度に着脱を繰り返すことは必要ですが、なるべく長い時間履くようにしてくださいね。